2018.01.08 Monday

天下峰 入口ボルダーエリア狭間ロックに新課題 狭間 SD:e

天下峰 入口ボルダーエリア 狭間ロックに新課題

  • 新課題名・グレード・初登者名・コメントは投稿メールをコピーしました。

   新課題名: 狭間
   グレード: e (SD)

   初登者名:

コメント

狭間ロック正面の右ガバから左ガバまでを中間部でトラバースする課題。

クラック横断が厳しい。リップのホールドは限定。

そのまま「時の過ぎゆくままに」のマントルに繋げられる可能性がありますが、

私の実力ではトラバースまでが限界でした。強い方に繋げていただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。

 

新課題追加により下記により課題番号を変更しました、

 新課題 ァゞ拘屐SD:e は赤丸スタートで他の課題より太い赤線で表示しています。

 

 

 

狭間ロック

パントマイム・オバ&ャバシ・日向ものに囲まれた大ボルダ岩。

 _欺の祈り  a

カンテ左側を限定無しで上部のガバフレークを目指して登る。カンテ側を上ると難しくなる。特に最後の抜けでカンテの右に回り込みガバホールドを取って抜けようとすると厳しくなる。

◆〇の過ぎ行くままに f

左手小タテフレーク右手カチホールドスタートで左上のガバホールドを取り上部アンダーフレークを取りスラブを登って行く

 悲しき雨音  d 

右手カチホールド左手縦フレークでスタート。核心は右手スラブの縦ホールド右足ガバスタンスから左手で左上部のフレークを取り、左足を高い位置にあるカチスタンスに上げて右手で右上部のフレークを取るまで。この後スラブを左上して行くが高さがあり怖い。(右上して登って行くとc

ぁ[する乙女  c

左手カチフレーク右手極小ホールドでスタート、この後アンダーフレーク上のクラックを両手で取り乗つ越していく。

ァゞ拘屐SDe

右端ガバから「時の過行くままに」のガバまでトラバース(リップは限定)

Α,呂覆泙襦 。

フレーク下のスタンスに立ちこんで行くが、エッこれがa? 右側の岩を使うと易しくなる。

А,めざ  a

 簡単そうに見えるがホールド・スタンスを上手くつかってバランスよく登らないとハマル。

─〔擶◆ 。

木の前を登る。高さがあるがスタンス・ホールドも多く快適に登れる。

 ピエロ  b

bだがランデイングが悪くc以上が簡単に登れるクライマー以外は登らない方がよいかも。登っている途中で自身が無くなったら後ろの岩に降りる。

 

 

 

 

 

2017.12.21 Thursday

御天道エリア新課題、天道e

銭ごけ岩に新課題が出来ましたので新課題とともに全課題を写真にて紹介します。

  新課題は写真の天道SD:e 青丸スタートで赤実線ラインです。

 銭ごけ岩はこのエリアの南面で陽当りが良く暖かい場所にあります、天気が良く寒い日には此方でのクライミングを勧めます。

  この面には他に 棚ぼたロック・ウドの大岩・道脇岩・日陰にクジラ岩が有ります

 

     下記は初頭者の方のメール文です。

大楠林道、御天道様エリアでトポに乗っていないラインを登りましたので、

お知らせさせていただきます。すでに登っている方が見えるかもしれません。

非常に面白いラインでした。

エリア名: 大楠林道、御天道様エリア、銭ゴケ岩
新課題名: 天道
グレード: e(SD)、中間部ガバスタートでd

初登者名: 無

コメント: 銭ゴケ岩正面の中央部(銭形平次の左)を登る。一見簡単そうに見えるが、

ランジをコンビネーションムーブでタイミングよく止めるのが難しい。

リーチのある人には優しく感じるかもしれない。SDはe、両手下部タテホールドスタート。

中間部ガバ、立ちスタートでd。共にカンテは限定。

 

 

 

 

2017.09.21 Thursday

ONBUNIDAKKOネット配信停止決定

ONBUNIDAKKOのトポ配信を一時停止します。

  • オフィシャルブログは今まで通りに継続します。
2017.07.29 Saturday

王滝渓谷駐車場上部東エリア上部の 写経ロックに2新課題

王滝渓谷駐車場から鉄の階段、更にコンクリート階段を上り詰め平坦な地道の先に左に入る2〜3段の階段があります、階段の所を左に入ると右上に見えるのが写経ロックです。(王滝渓谷駐車場上部エリア概略図を参照してください。)

 綺麗な三角のハング岩です。

 

 _歛衞勝 ー矛

  グレード SD:f/g

  初頭者名 匿名希望

 

◆_歛衞勝 〃仍

  グレード f

  初頭者名 匿名希望

 

 

 

スタートホールド拡大写真

 

写経

 

2017.07.27 Thursday

大田城山城址東面ゴリッパ岩に新課題「宵の口g」

城山城址東面エリア・ゴリッパ岩〈ゴリッパ f〉の左側に新課題

  • 課題名  宵の口
  • グレード  g
  • 初頭者名 匿名希望
2017.05.18 Thursday

ホールド&スタンスへのチョークの塗りこみ禁止

5月15日月曜日に王滝渓谷駐車場上部西エリア桜月ロックのホールド及びスタンスがチョークで真っ白になっていると写真添付による連絡がありました。

確認の結果、下の写真の様にホールドとスタンスがチョークで真っ白になっていました。

 

今回のチョークは今までとは異なり、前日5月13日の雨でホールドとスタンスが濡れていたため濡れをカバーする為にチョークを塗り込んだものと思われます。

ブラッシングをして水で流すと下の写真の様に少し奇麗になりました、後は雨が降れば流し落としてくれると思います。

 

高グレードを登るようなクライマーがなぜこの様なミスをしたのでしょうか、このグレードを登れるクライマーなのか疑わしいですね?桜月の核心のホールドはチョークを塗り込むと滑ってホールドができなくなると思います、乾いている時でも滑りやすく難しいので核心になているからです。

 

  • 過剰なチョークの塗布は禁止
  • ブラッシングのお願い チョークを付けたときは必ずブラッシングでチョークを落としてください。
  • 豊田の岩場では前日の雨でも登れる岩は沢山あります。無理なクライミングはやめて登れる岩場に移動してください、尾根に近い岩は乾いている可能性が高いです。例(5月14日12時 百間楽園エリア上部では乾いていました)

青丸チョークが塗り込まれた核心のホールドとその上のホールド

 

桜月 f のチョークの塗り込み跡(赤丸は今回掃除をする前の2箇所です)

 

赤丸はブラッシング後ペットボトルの水をかけ洗い流がした箇所です

2017.03.13 Monday

再度 チョーク・マーキング自粛のお願い

宮川散策エリアで写真みたらロック)に縄文ハングと同じ長い線のチョークが塗られていました、

今回は前回と違って歯ブラシに水を付けてブラッシングすると取れました。

前回と同じクライマーでブログ及びFacebookを見て水等で落とせるものに替えられたと思いますが、線を引く様なマーキングはひどすぎます、登れたとしても何の価値もありません逆に非難を浴びるだけです。

 

ボルダリングは手段を選ばず登ればよいと考えている方が増えているのでは?

何の標もなくホールドを取りに行く楽しみも覚えて戴だきたいです。

豊田では開拓時でもチョークでマーキングはしていません。

(細かいスタンスらしき箇所に布に付着したチョークをパフすることはあります)

 

クライミングジムの責任者の方にお願いです

 ジムでクライミングをされている方に外岩でのマナーとして手につけるチョーク以外は岩に付けないように注意喚起してください。出来ればポスター掲示もして頂ければありがたいです。

 

写真は みたらロック・うねりSD:f

2017.03.02 Thursday

梟城址新課題 黄泉がえりg

2月25日 梟城址42岩溜まりロック,量てД薀ぅ鵑ついに登られました。

 

 小岩の上からリップを取り登って行く課題です。

 

  • 課題名   _泉がえり
  • グレード  g
  • 初登者  柴沼

2017.02.09 Thursday

チョークマーキングの自粛

チョークマーキングを禁止から自粛に変更しました。

縄文ロックに下記と写真によるチョークマーキングの連絡が有り確認してきました。

今シーズンに入りホールドに今回と同様のチョークマーキングが多く見られるので自粛を検討していたのですが、今回のように水で洗浄しても落ちないようなものもあり今後チョークマーキングを自粛していただきたいと思います。

 

 豊田の岩場でのチョークマーキングの自粛に協力をお願いします。

  • 線マーキングのホールドは各課題のスタート及び修了点で線の方向先は石器又は新課題にチャレンジしていたものと思われます。
  • 当日2月8日 3人の男女の方々がバケツの水でブラシ・クリーニングをしていましたが汚れはしつこく落とすことができませんでした。3人の皆さんクリーニング有難うございました。
  • 連絡写真以外にマーキングの酷いしょんべんハングとアガルタのスタート付近の写真も添付しました。

 

  • ​マーキングをされた方にお願いです、マーキングはどのようなチョーク又はチョーク以外のものを使用したのか連絡ください。
  • 出来ればマーキングされた方は責任をもってクリーニングをお願いします。

 ー記ー

ホールドは大和のゴールになっているガバです。
ルーフ面に向かって1m近い長さのティップマークが3本、べっとりと付いておりました。
もはやティップマークと呼べる範疇を超えているチョーク跡だと私には感じられました・・・
かなり景観を損ねる、クライマーのやる気も削ぎかねないものとも思われます。
おそらく石器のゴールのため?に付けられたものだと思われます。
前日・前々日の土日に付けられたものかどうかは分かりませんが、湿気も吸っているせいかブラッシングすれどもすれども全く落ちません。

 

 

 

2017.01.04 Wednesday

大田下部エリアに2新岩(羽二重・カナリア)

大田下部エリア 「瓶ハングロック」下部に2新ボルダ岩が開拓されました。グレードは高くはありませんが十分楽しめる岩です。

又「カナリアロック」は初岩デビューのクライマーさん、新人クライマーの高さ慣れに、是非登ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニュー
リンク
プロフィール
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Archives
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM