2018.10.18 Thursday

古美山・縄文ハングロック・残置物撤去完了

古美山・縄文ハングロックの残置物を10月14日、撤去していただきました。有難う御座いました。

 今回残置物以外にホールドのチョークマークの指摘がありましたが、これは2017年2月のブログで掲載したものが消えずに残ったものです。人気課題でトライ数が多い為、手のチョークが岩に付着して不明チョーク?事件の時よりも更に白くなっているものと思われます。

  • 写真は残置物撤去後の奇麗になった縄文ハングロックです。
  • 縄文ハングは駐車場から約2分、古美山でも一番近い岩ですクライミング用品等の残置はしないようにしてください。
  • クライミング後は岩のブラッシングもお願いします。

 

縄文ハングハングロックは人気課題の多い岩です、皆で綺麗にして気持ちよくクライミングを楽しんでください。

 

 

2018.09.25 Tuesday

古美山・縄文ハング・残置物撤去の件

2017・11月にも縄文ハングの残置物を撤去しましたが、前回よりも多くの残置物がありました。

1918・10・10までに持ち帰りがない場合は撤去してもらいます。

 今後とも他の岩場も含めて残地はしないようにしてください。

  今後の残置物は即撤去しますので絶対に残地しないようにしてください。

 

 縄文ハングの残置物撤去について下記のようなGmailがありました。

 

 クライミングに訪れているのですが、添付の写真のとおり、かなり残置物が多く、非常に汚くなっています。
つきましては残置物すべて処分しても良いでしょうか?
所有権等の問題もあり、勝手に処分してはいけないかと思い確認させていただきます。

 

2018.04.22 Sunday

新ブログ紹介

トポを投稿しやすいライブドアブログを開始しました

オフィシャルブログではWordコピーができない、トポ作成が出来ない等により、編集がやりにくい等

今回ライブドアブログで投稿した結果、トポが簡単にできるので未発表トポ又はその他の情報もライブドアブログを利用することにしました。

トポ情報等は『豊田の岩場エリア情報ライブドア』を見てください。

   既に7エリアトポを投稿しています

2017.11.14 Tuesday

古美山・縄文ハングロックに残置物

縄文ハングロックに下記及び写真の様な問題が発生しました。

1・2・は11月5日発見したクライマーがゴミ袋に入れてかたずけてくれました。

3の石は邪魔にならない所に移動しました。

  1. 写真の飲み物の空き缶(11月3日14時以降に放置された物)11/4最初のクライマーが発見
  2. ブルーシート等クライミングに使用された物?(以前より残置され徐々に増えていた)
  3. ルーフ前の石が崩れ落ちていた

 

2の残置物は当初ブルーシート1枚程度でしたが写真のようにゴミ袋がいっぱいになる程増えていました

3の石は人為的なものか 自然に崩落した?、いずれにしても他の場所に移動してください。

 

岩場にはごみは捨てない、空き缶ペットボトル等放置しないようお願いします。又ごみ、空き缶等が落ちていれば持ち帰るよう、お願いします。

 

 

 

2017.09.21 Thursday

ONBUNIDAKKOネット配信停止決定

ONBUNIDAKKOのトポ配信を一時停止します。

  • オフィシャルブログは今まで通りに継続します。
2017.07.27 Thursday

大楠林道概略図変更・更新

2017年7月27日大楠林道概略図を変更しました
大楠林道には多くのエリアと課題がありますがトポの編集が追いつかない状態です。今後少しずつブログ等にて発表する予定です。それまで大楠林道概略マップを参考にアプローチしてください。

  • 新課題・トポ発行予定の無いエリア等もブログで紹介していく予定です。

アクセス方法は36号線足助街道から古美山登口を1.4km過ぎ「空の酒瓶」の先を右に1.7km登ります。古美山駐車場からは葡萄園経由で約2km。

  • 駐車場はありません。マップに指示した駐車スペースに路肩駐車が可能です。少しでも多くの車が停められるよう駐車技術を駆使してください。
  • トイレは古美山駐車場か大滝渓谷大駐車場を利用してください。
  • エリア名は確定ではないので変更になる場合があります。
  • 弥勒エリアへはボルダ岩の前を左に登り尾根に出る、後は尾根道を登って行く、約14分。
  • 椿姫エリアを弥勒エリアに変更しました(他のエリアと間違えやすい為)
2017.07.23 Sunday

ONBUNIDAKKOネット配信停止

トポの配信が問題になっているようなので配信停止を予定しています。

 

 問題点

  • 前回のECトポ売り上げについてグッぼるからオフィシャルブログに掲載された件について、どうしてそこまでする理由があたのか?。
  • トポの作成者(濱本勝博)としてトポに問題があったのか?、トポに問題があったのならグッポルではなく何故Gメイルに連絡をしてくれなかったのか?。
  • 今後ECトポ及びオフィシャルブログも停止する予定です。
  • 尚新課題等については今後も継続していきますのでGメイル〈comiyama.hamasann@gmail.com〉に連絡ください。
2017.05.18 Thursday

ホールド&スタンスへのチョークの塗りこみ禁止

5月15日月曜日に王滝渓谷駐車場上部西エリア桜月ロックのホールド及びスタンスがチョークで真っ白になっていると写真添付による連絡がありました。

確認の結果、下の写真の様にホールドとスタンスがチョークで真っ白になっていました。

 

今回のチョークは今までとは異なり、前日5月13日の雨でホールドとスタンスが濡れていたため濡れをカバーする為にチョークを塗り込んだものと思われます。

ブラッシングをして水で流すと下の写真の様に少し奇麗になりました、後は雨が降れば流し落としてくれると思います。

 

高グレードを登るようなクライマーがなぜこの様なミスをしたのでしょうか、このグレードを登れるクライマーなのか疑わしいですね?桜月の核心のホールドはチョークを塗り込むと滑ってホールドができなくなると思います、乾いている時でも滑りやすく難しいので核心になているからです。

 

  • 過剰なチョークの塗布は禁止
  • ブラッシングのお願い チョークを付けたときは必ずブラッシングでチョークを落としてください。
  • 豊田の岩場では前日の雨でも登れる岩は沢山あります。無理なクライミングはやめて登れる岩場に移動してください、尾根に近い岩は乾いている可能性が高いです。例(5月14日12時 百間楽園エリア上部では乾いていました)

青丸チョークが塗り込まれた核心のホールドとその上のホールド

 

桜月 f のチョークの塗り込み跡(赤丸は今回掃除をする前の2箇所です)

 

赤丸はブラッシング後ペットボトルの水をかけ洗い流がした箇所です

2017.03.13 Monday

再度 チョーク・マーキング自粛のお願い

宮川散策エリアで写真みたらロック)に縄文ハングと同じ長い線のチョークが塗られていました、

今回は前回と違って歯ブラシに水を付けてブラッシングすると取れました。

前回と同じクライマーでブログ及びFacebookを見て水等で落とせるものに替えられたと思いますが、線を引く様なマーキングはひどすぎます、登れたとしても何の価値もありません逆に非難を浴びるだけです。

 

ボルダリングは手段を選ばず登ればよいと考えている方が増えているのでは?

何の標もなくホールドを取りに行く楽しみも覚えて戴だきたいです。

豊田では開拓時でもチョークでマーキングはしていません。

(細かいスタンスらしき箇所に布に付着したチョークをパフすることはあります)

 

クライミングジムの責任者の方にお願いです

 ジムでクライミングをされている方に外岩でのマナーとして手につけるチョーク以外は岩に付けないように注意喚起してください。出来ればポスター掲示もして頂ければありがたいです。

 

写真は みたらロック・うねりSD:f

2017.02.09 Thursday

チョークマーキングの自粛

チョークマーキングを禁止から自粛に変更しました。

縄文ロックに下記と写真によるチョークマーキングの連絡が有り確認してきました。

今シーズンに入りホールドに今回と同様のチョークマーキングが多く見られるので自粛を検討していたのですが、今回のように水で洗浄しても落ちないようなものもあり今後チョークマーキングを自粛していただきたいと思います。

 

 豊田の岩場でのチョークマーキングの自粛に協力をお願いします。

  • 線マーキングのホールドは各課題のスタート及び修了点で線の方向先は石器又は新課題にチャレンジしていたものと思われます。
  • 当日2月8日 3人の男女の方々がバケツの水でブラシ・クリーニングをしていましたが汚れはしつこく落とすことができませんでした。3人の皆さんクリーニング有難うございました。
  • 連絡写真以外にマーキングの酷いしょんべんハングとアガルタのスタート付近の写真も添付しました。

 

  • ​マーキングをされた方にお願いです、マーキングはどのようなチョーク又はチョーク以外のものを使用したのか連絡ください。
  • 出来ればマーキングされた方は責任をもってクリーニングをお願いします。

 ー記ー

ホールドは大和のゴールになっているガバです。
ルーフ面に向かって1m近い長さのティップマークが3本、べっとりと付いておりました。
もはやティップマークと呼べる範疇を超えているチョーク跡だと私には感じられました・・・
かなり景観を損ねる、クライマーのやる気も削ぎかねないものとも思われます。
おそらく石器のゴールのため?に付けられたものだと思われます。
前日・前々日の土日に付けられたものかどうかは分かりませんが、湿気も吸っているせいかブラッシングすれどもすれども全く落ちません。

 

 

 

メニュー
リンク
プロフィール
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Selected Entries
Archives
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM